「諦めないでほしい。~それが 私たちの願い~」

結いの郷BLOGを ご覧下さっている 皆さん、 こんにちは。

2月も 既に中盤戦 12日です。
ほんとうに 月日の流れは 早く、 少々 戸惑っています。
c0233784_858642.jpg

写真は、 昨年の3月の 結いの郷にある 梅の花です。
今現在は、 徐々に 蕾が 膨らみ始めているところ・・・。
もうすぐ 開設から 1年を迎えようとしています。
また、 春が やって来てくれます。

節分を過ぎ、 日中 13℃を超える日も ありましたが、 今また 冷え込みがキツく、辛いですね。
皆さん、インフルエンザ等、 体調を崩されたりされていませんでしょうか・・・?
充分に ご自愛のほど・・・。

特別養護老人ホーム 結いの郷では、 日々、一刻一刻を、 入居者お年寄りの皆さんと共に穏やかに 過ごさせて頂いています。

また併せて、 入居者お年寄り皆さんの 「暮らし」を どのように捉え、どのように考え、どのように支えさせて頂くべきなのか? ・・・熟考の毎日を過ごしております。

特別養護老人ホーム・・・。

皆さんは、 将来、 例えば お歳を召されて・・・、 例えば ご病気を抱えられて・・・、 また例えば 障害を抱えられたとして・・・。

そうしたとき、 ご自宅で暮らすことが難しいと感じられ・・・、 また、大切な ご家族に その先にかけるであろう 苦労、迷惑を感じられたとして・・・。

ほんとうに 自分の意思で 特別養護老人ホーム等の 介護施設に 入居(入所)したいと思われるでしょうか?

また、 将来、 例えば 大切な ご両親や、 祖父母、 ときには配偶者、 或いは近しく大切な方が、 例えば お歳を召されて・・・、 例えば ご病気を抱えられて・・・、 また例えば 障害を抱えられたとして・・・。

そうしたとき、 ご自宅で暮らしてもらうことが難しいと感じられ・・・、 また、 その先にむかえるであろう 先の見え難い 介護の大変さを 想像されたり、 目の当たりに感じたとして・・・。

ほんとうに 特別養護老人ホーム等の 介護施設に 入居(入所)させたいと思われるでしょうか?

ほんとうに 自分の意思で 特別養護老人ホーム等の 介護施設に 入居(入所)したいと思われるお年寄りは いらっしゃらないと思っています。

ほんとうに 特別養護老人ホーム等の 介護施設に 入居(入所)させたいと思われるご家族は いらっしゃらないと思っています。

できることなら 自宅で 暮らしたいんです。
できることなら 自宅で 暮らしてもらいたいんです。

諦めて 諦めて どうしても仕方がないから 入居(入所)されるのでしょう。
諦めて 諦めて どうしても仕方がないから 入居(入所)してもらうのでしょう。

そんなとき 諦めて 入居(入所)する先が、 特別養護老人ホームなのでしょう。
諦めて 入居(入所)してもらう先が、 特別養護老人ホームなのでしょう。

ですから、結いの郷では 一般的イメージの『特別養護老人ホーム』の在り方を 変えさせて頂きました。

誤解を恐れず 言葉にするならば 『特別養護老人ホーム』を 創ることはやめよう!
『施設』を 創ることをやめて、 入居される皆さんや、ご家族のための『お家』を創らせて頂こう!と 最初に決めました。
c0233784_9363967.jpg

c0233784_9411022.jpg

c0233784_9581610.jpg

c0233784_9474425.jpg

c0233784_103017.jpg

c0233784_104235.jpg

c0233784_1052961.jpg

c0233784_1073254.jpg

『お家』 を創ります。
『お家に住まうヒト』が 存在します。
お家に住まうヒトが 『生活を営み』ます。
お家に住まうヒトが 生活を営むと『暮らし』になります。

私たちは、 『お家』に住まう、 お年寄りの皆さんそれぞれの『暮らし』を、 ご家族と一緒に支えさせて頂きます。

さて、こちらは 『御手洗い推進委員会』の様子。
c0233784_10215719.jpg

歳を重ね、 体力や心身機能が衰え、 病気や障害を抱えられ、 トイレに行くことが大変になったとき・・・。

また、認知症等や 外的内的要因により、 尿意や 便意が分からなくなってしまったとき・・・。
皆さんは、 オムツを付けたいですか? オムツの中で 排泄したいと思われますか?

例えば 大切な ご両親や、 祖父母、 ときには配偶者、 或いは近しく大切な方が、体力や心身機能が衰えられ、病気や障害を抱えられ、 トイレに行くことが大変になったとき・・・。

また、認知症等や 外的内的要因により、 尿意や 便意が分からなくなってしまったとき・・・。
皆さんは、 オムツを付けてほしいですか? オムツの中で 排泄してほしいと思われますか?

ほんとうに 自分の意思で オムツを付けたい(オムツの中で排泄したい)と思われるお年寄りは いらっしゃらないと思っています。

ほんとうに オムツをつけてほしい(オムツの中で排泄させたい)と思われるご家族は いらっしゃらないと思っています。

できることなら トイレで 排泄したいんです。
できることなら トイレで 排泄してもらいたいんです。

諦めて 諦めて どうしても仕方がないから オムツを付けるのでしょう。
諦めて 諦めて どうしても仕方がないから オムツを付けてもらうのでしょう。
(※ 通常 結いの郷では、排泄のお手伝いが必要な皆さんの『尊厳と自尊心』を守らせて頂くために、オムツ,パンツ等を ⇒ 『アウター』 、尿取りパッド等を ⇒ 『インナー』と呼びますが、ここでは 一般的な呼び方として、 『オムツや尿取りパッド』と表記させて頂きます。)

特別養護老人ホーム 結いの郷の入居者 お年寄りは 29名 いらっしゃいます。
入居の際には、 多くの皆さんが 紙オムツ や 紙のパンツをお使いでいらっしゃいました。

今は・・・、紙オムツを付けていらっしゃる方は、ゼロ。 紙のパンツをお使いの方は、お一人だけ。
他の28名の皆さんは 下着です。(※ただし、尿取りパッド【小~大サイズまでの各種】を併用されています。)

29名中、3名の方は、 心身状況によってベッド上での支援ですが、26名の方は皆さん、おトイレに座られています。
c0233784_1044789.jpg

『お手洗い推進委員会』の更なる目標は、 尿取りパッド使用ゼロ!! だそうです。
尿取りパッドまでも、 『外して頂くことはできないだろうか?』と、前向きに 建設的に 具現化のために 援助員メンバーそれぞれの『想い』や、『願い』と重ねて 具体的行動計画を 積み上げていきます。

この委員会では、メンバーの発言には「イイね!」と承認がもらえるようす。
自分の提案意見が 仲間のメンバーから「イイね!」と承認されますから、誰もが臆することなく発言できます。
「イイね!」
管理栄養士でもある 援助員の福澤。
未だ1年目ながら アセスメント視点も 資格や学校、実務にからなる蓄積が溢れており、頼もしく急成長中です! 「イイね!」
c0233784_10531682.jpg

介護福祉士資格を持つ 援助員の小谷。
同じく1年目ながら 入居者お年寄りへの『尊厳や自尊心の尊重』姿勢には、 特に 徹底的な配慮を提案してくれています! 「イイね!」
c0233784_10533159.jpg

同じく 他業種よりの転職を経て 1年目ながらに 当委員会委員長を務める援助員 杉山。
1年目とは思えない、優れた感性資質を備え、アセスメント視点からも、概ねの体系整理の兆しも見え、飛躍的な成長です。
ユニットリーダーや、統括主任(看護師)らが見守る中での 委員会の進行ファシリテイトは緊張の連続でしょうに、使命感溢れる姿に 心が晴れます! 「イイね!」
c0233784_10534872.jpg


もうひとつ・・・。
100歳のTさん。
c0233784_1123619.jpg

結いの郷へ入居以来、古くから馴染みのある故郷『四国』のお話をいつも聞かせて下さいます。
『四国じゃったらなあ・・・。』
『四国におるときはなあ・・・。』
『四国ではなあ・・・、魚が上手いんで・・・。』
さて、何千回 聴いたフレーズでしょう・・・?

Tさんは、100歳です。 100歳とはとても感じさせない 矍鑠たる方です。
そんなTさん、100歳ながらに、自分の心身には 確固たる自信を抱いていらっしゃいます。

しかしながら特別養護老人ホーム 結いの郷にお住まいの昨年来 2012年はTさんにとっては試練の1年でした。

買物に出かけようと 喜び勇んで 駐車場へ・・・転倒、大腿骨頸部骨折から入院。
年末にも全身状態の変化により入院。

『これまでに病気ひとつしたことないんで~、この歳になっても~・・・。』

さて、度重なりますが、100歳。 矍鑠たるとは言え、そこは100歳。

是非、一度 未だ動ける状態で、 『四国』へお戻り頂きたい・・・。

ご家族,身元引受人である事業担当者,嘱託医,統括主任,担当援助員等による相談打合せが続き、いよいよGOサインとなりました!
年齢からも 旅先でのさまざまなリスクもあり得ます。

行程計画書 お見積り書 承認同意書も まとまりました。

今も現地にお住まいの 昔懐かしい方々との 会談予定も整いました。
思い出の 『和霊神社』 近くに宿泊先も押さえました。
現地介護タクシーとのスケジュール確認も済みました。

平成25年3月4日(月)~平成25年3月5日(火)
担当援助員と統括主任(看護師)同行支援を得て、セントレアからの帰郷を目指します。
恐らく、最期の帰郷となるでしょう。
また、旅先におけるリスクも充分に有ります。
誰かが 『リスク』を 後ろ向きに考えると計画は承認されません。
誰もが 『リスク』を 前向きに受け止め、受け容れて頂けました。

実際の状況は、 帰郷同行支援終了後に このBLOGにて。

このような職務に関わることができる歓びに感動!
後は、本人の無事と、本人の達成と満足と幸せを第一優先に!
今計画に、その趣旨をご賛同くださり、理解・支援下さった皆さんにも、達成と満足と幸せを感じて頂けるよう、精一杯努めさせて頂きたいと思います!
 
このように 特別養護老人ホーム 結いの郷では、
入居者お年寄り皆さんの 「暮らし」を どのように捉え、どのように考え、どのように支えさせて頂くべきなのか? ・・・熟考の毎日を過ごしております。

今日は午後から、『娯楽研究会』です。
どんな 「イイね!」 に出逢えるかな・・・愉しみです。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
# by yuinosato1 | 2013-02-12 11:53

「お年寄りの暮らしに寄り添う」ということ

特別養護老人ホーム 結いの郷では、 現在 職員援助員の採用活動を行っています。

平成24年 4月の開設以来、職員援助員の離職は、ただのひとりもありません。

では、人員配置が足りていないのか?

結いの郷の 人員配置は 29名の入居定員に対し、 常勤換算16.5名。(平成25年1月1日現在) 
1.75:1です。(配置基準は3:1)

比較的、 手厚い人員を 配置させて頂いています。

ただ、 ユニットケアの充実を図る上で、充分か?

それは、別の問題で、 更なる配置増強が必要だと 考えます。

平成25年1月19日(土)午後13:15~
平成25年1月20日(日)午前 9:15~

就職説明会を 開催させて頂きました。
c0233784_10272636.jpg

この両日で 10名の皆さんが、 特別養護老人ホーム 結いの郷に ご興味を頂き、ご参加下さいました。
皆さんそれぞれに、結いの郷の取り組みや、 援助支援の考え方、在り方実際に、 多くの共感を下さったように思っています。
せっかくの土曜日・日曜日に、 貴重な時間を頂戴し、熱心にお話をお聞き下さり、 本当にありがとうございました。

そこでもう少し、 結いの郷 職員援助員の 職務取り組みを ご紹介させて頂こうと思います。

「西の家」 援助員 に密着です。

午前7時10分
c0233784_1428582.jpg

Hさんが起きて、リビングにいらっしゃいました。
起き抜けの 一杯のお水 と共に起床時のお薬をお渡しします。

この起き抜けの 一杯のお水は、実は非常に大切なんです。

寝ている間に 約200㎜l(コップ1杯分)の水分が、 汗として失われています。
身体から水分が失われると、 血漿(血液の半分以上を占める液体成分)が、血液中の水分補給に回ります。 
その結果、 サラサラ流れていた血液は水分を失って粘りを帯び、 固まり易くなって、 脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。
この連鎖を断ち切るのは、 失われた分の水分補給。
死にも直結する病気を、コップ1杯の水で回避することができるのですから、
起き抜けの水が 「薬」 と評価されている 由縁ですよね。

また、このとき、 不自然なコミュニケーションにならないよう、お渡しする薬袋に記載された、氏名と服用日時、 薬の種類をさり気なく、また確実に、確認します。
Hさんは、そのままTVタイム。
c0233784_14302635.jpg

室温は22℃で良いのですが、 湿度管理が なかなか大変なんです。
c0233784_14364478.jpg

入居者の皆さんのお部屋には、個人の加湿器が ご家族のご協力のもと設置済み。
リビング・ダイニングでは、 大きめの空気清浄機能付加湿器と併せ、 適宜の換気に気を配ります。
c0233784_14423486.jpg

Oさんも起きていらっしゃいました。
c0233784_14444763.jpg

続いてEさんも。
c0233784_14452862.jpg

一方で、援助員は、 朝食の準備も進めます。

ご飯や お粥は 各お家のキッチンで 炊き上げます。
お味噌汁は 煮干し出汁で。
ビニルパウチは 「おかず」ですが、提携会社のセントラルキッチンで 調理されたものが パックで届きます。
それを 2次過熱・2次調理等を経て、 食卓に上ります。
c0233784_1447818.jpg

続いて、リビングに出ていらっしゃったTさんが加わり、 皆さんで食卓を きれいに拭き上げて下さいます。
援助員は、 食器の準備。
c0233784_1454105.jpg


午前7時30分

お年寄りそれぞれご自分で、 お好きな量だけ、 ご飯やお味噌汁を盛りつけられます。
c0233784_14561983.jpg

Oさんも。
c0233784_1505741.jpg

Hさんは・・・、未だソファで。
c0233784_1531036.jpg

Eさんも。
c0233784_1544795.jpg

朝食を済まされた方から、 食後薬。
c0233784_1565752.jpg


午前8時00分

Mさんも起きて、 御手洗いへ。
c0233784_15105068.jpg

あたりまえのことですが、 御手洗いの鍵を ちゃんと掛けます。
これができていない老人ホームが驚くほど多くあり、 訪問中に、御手洗いに座っていらっしゃる方と目が合ってしまったり、 ドアの隙間から、 お手伝いを受けていらっしゃるお年寄りの臀部が 視界に入り、 ギョッとしてしまうこともしばしば・・・。
c0233784_15194278.jpg

お年寄りが リビング等に出られている時が、居室換気の 「絶好のチャンス」です。
c0233784_1517798.jpg

一区切りついた隙に、 随時記録。
記憶が明確、はっきりしている時に付けることが 重要です。

随時記録をしておくことで、 誰の支援が、 どこまで行われているか? が、後に出勤してくる援助員に記録を通じて 「伝える」ことが可能になります。
c0233784_161899.jpg

また、記録物等は、普段は見えないように 整理しておきます。
c0233784_1526595.jpg

Mさん、朝食後のひととき。
c0233784_1528067.jpg

こちらは、お薬カレンダー。
c0233784_15303587.jpg

こちらも、普段は見えないように 整理しておきます。
c0233784_15312664.jpg


午前8時25分
未だ 起きていらっしゃらない方に お声掛けさせて頂きます。
c0233784_1539231.jpg


午前8時40分

非常勤援助員 山口が 出勤。
随時記録が為されていることで、 職員援助員同士の 事務的会話を 「極力減らす」ことが可能になり、  こういったことも、 お年寄りの生活空間を害さない 配慮のひとつです。
c0233784_15424647.jpg

同じく、未だ起きていらっしゃらない方にお声掛け。
c0233784_15464492.jpg


午前8時50分

朝食後のTVタイム。
c0233784_15453150.jpg

車イスを使われる方でも、 お食事のとき等は、 イスに座り替えて頂きます。
c0233784_1550669.jpg

姿勢が安定すると、 ご自身で 召し上がって頂けます。
c0233784_15541791.jpg

興味深い写真です。
援助員の姿が、 シャッタースピードに 捉えられていません。
結いの郷の職員援助員は、 お年寄りの生活速度に合わせ、「走らず、穏やかに歩く」を 目標としています。
歩いてはいますが、 まだ、「早い」んでしょうね。
c0233784_15582681.jpg


Mさんを、 お風呂へお誘い。
お熱と、血圧を図ります。
c0233784_1664355.jpg

お部屋に戻り、 浴後のお着替えを ご自身に 選んで頂きます。
c0233784_1672275.jpg

こちらが浴室。
c0233784_1682668.jpg

一般的な老人ホームでは、 入浴のお手伝いをする職員は 直ぐに分かります。
季節を問わず、 Tシャツに、短パン姿で ウロウロしている職員が そうです。

結いの郷の援助員は、 作務衣を 羽織ります。
入居者の「日時季節の混乱」 に配慮させて頂くと共に、 生活空間に 違和感を持ち込まないこと、 また、ゆったりとした「湯浴み」を愉しんで頂きたいという、「おもてなしの気持ち」を表しています。
c0233784_169225.jpg


午前9時45分
c0233784_16162453.jpg

朝食時の食器は 食洗機にお任せです。
c0233784_16141856.jpg

その間に、 お茶の用意。
c0233784_1618785.jpg

Mさん、 お風呂上がりに一杯。
c0233784_16183632.jpg

こちらも、 リビングに出られた隙に、 居室の換気をお手伝いします。
c0233784_16214466.jpg

Aさんは、遅い起床で、今日はブランチ。
c0233784_1624144.jpg

その頃、Oさんは「北の家」「東の家」の皆さんと、 喫茶「結い」で コーヒー。

時間は午前11時30分
c0233784_16271649.jpg

そうして、そろそろお昼の準備です。
c0233784_1628443.jpg

Tさん、Oさんが 準備を 担って下さいます。
c0233784_16301424.jpg

ご飯や、
c0233784_16351888.jpg

お味噌汁は、ご自分で、
c0233784_1636389.jpg

好きな量、 食べられる量を盛りつけられます。
c0233784_16372378.jpg

こうすることで、 多く食べる方、 そんなに食べられない方、さまざまなバランスにより、
残食量が驚くほど少なくなります。
c0233784_16382881.jpg


こうして、「お年寄りが、 自ら暮らす」ということを大切に、
結いの郷職員援助員は、毎日の在り方を考え、 手を控え、 暖かく見守り、
寄り添わせて頂いています。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
# by yuinosato1 | 2013-01-20 17:04

「元旦(番外編)。」

c0233784_1822258.jpg

元旦最後は、 統括主任、 リーダーと共に、 犬山成田山に初詣。
1年の無事を祈念してきました・・・。

その30分程前の ヒトコマ。
c0233784_1875195.jpg

元旦の成田山。 初詣に向かう 多くの車列による渋滞が予想された為、
近隣から、 犬山城下町を抜けて 徒歩で向かうことに。

そして、
c0233784_18161671.jpg

写真は、犬山は針綱神社のお隣にある、 三光稲荷神社境内、【銭洗池】。

「御神水でお金を洗うと何倍にもなって返ってくると信じられていると同時に清浄の福銭を持っていると一家繁昌・子孫長久になると伝えられております。」

c0233784_18252154.jpg

100円のお賽銭を投じ・・・。
c0233784_18275573.jpg

貰った「お年玉」を増やそうと 必死な子どもたちと共に、
お金を洗ったのは、そろそろ30代半ばの 中條 と 安田 でした。

せめて、投じた100円以上の御利益があると良いですね。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
# by yuinosato1 | 2013-01-07 18:36

「元旦 (少々長くなりますが、ご容赦の程・・・)。」

c0233784_9375128.jpg

新年、明けまして おめでとうございます。
2013年が 皆さまにとりまして 輝かしい 1年となりますこと、
社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷は 心より お祈り致しております。

さて、新しい年が明けた 平成25年 元旦。

特別養護老人ホーム 結いの郷 では、 ほぼ全ての職員援助員が出勤し、
入居者の皆さま、そのご家族の皆さまと、共に 新年を祝い、過ごさせて頂いています。

前日から仕込んでおいた 御屠蘇の準備も 整いました。
c0233784_9424864.jpg

まずは、災難消除法人隆昌を御祈祷の 犬山成田山は 新勝寺 不動明王御札守に お神酒を。
c0233784_9465447.jpg

統括主任 山下始め、Y.L大野・中條・安田と共に、
入居者の皆さん、そのご家族の皆さん、職員援助員、その家族の 1年の無事を お願いさせて頂きました。
c0233784_1010723.jpg

続いて、門扉、各家の玄関に お神酒と 清めの塩。
実は 正しい作法や 在り方は知らず、 気は心で 皆さんの無事を 神、仏に縋っております。
正しい作法や、在り方についても おいおい勉強させて頂きます。
御容赦の程・・・。
c0233784_10114113.jpg

c0233784_1012511.jpg

c0233784_10131499.jpg

c0233784_10133142.jpg
c0233784_10135148.jpg
c0233784_10141381.jpg


その後、「結いの家」では、先ずは 統括主任、Y.Lで 御屠蘇を頂きました。
先ず、若年の大野。
c0233784_10244012.jpg

続いて安田。
c0233784_10255535.jpg

中條。
c0233784_10252284.jpg

山下。
c0233784_10262336.jpg

そして、吉田。
c0233784_1027081.jpg

理事長 安田。
c0233784_12315763.jpg

「北の家」Nさん。
c0233784_11214392.jpg

Sさん。
c0233784_1123316.jpg

Hさん。
c0233784_11244666.jpg

Iさん、と奥さま。
c0233784_1126538.jpg

c0233784_11504935.jpg

Eさん、とご家族。
c0233784_1155179.jpg

c0233784_11272397.jpg

Hさん。
c0233784_11291970.jpg

c0233784_11425525.jpg

「西の家」Eさん。
c0233784_11313667.jpg

Hさん。
c0233784_11331091.jpg

「東の家」Iさん。
c0233784_11343962.jpg

「西の家」Tさん、 とご家族。
c0233784_1136350.jpg

c0233784_1137219.jpg

「東の家」Kさん、とご家族。ご自宅への外出前に。
c0233784_11381386.jpg

c0233784_1233124.jpg

「西の家」Sさん。
c0233784_11394029.jpg

Mさん。
c0233784_1149153.jpg

先日、ご逝去に至られたTさんの奥さまが、 お正月用にと 届けて下さったお花。
きっと Tさんも喜ばれていますよね。
c0233784_11434356.jpg


そうして、 近くの氏神 託美神社へ初詣。
c0233784_11541074.jpg

c0233784_1230522.jpg


結いの郷へ戻り、それぞれのお家ではお節料理。
「北の家」
c0233784_12351827.jpg

「西の家」でも準備が始まっています。
Eさん。
c0233784_12363253.jpg

MさんにHさん。
c0233784_12372058.jpg

c0233784_123889.jpg

「東の家」
茶碗蒸し。
c0233784_1239370.jpg

出汁巻き。
c0233784_12384359.jpg

すいとんを使ったお雑煮。
c0233784_12403083.jpg

c0233784_1241935.jpg

援助員 伊藤。
c0233784_12545488.jpg

相談員 柴田。
c0233784_12555211.jpg

援助員 杉本。
c0233784_12571196.jpg

援助員 藤原。
c0233784_1258156.jpg

援助員 杉山。
c0233784_12584566.jpg

援助員 林。
c0233784_12594258.jpg

援助員 小谷。
c0233784_1301827.jpg

援助員 石井。
c0233784_131295.jpg

援助員 福澤。
c0233784_1313568.jpg

援助員 榊原。
c0233784_132910.jpg



お昼を終えて初詣 第2陣。
Hさん、と援助員 伊藤。
c0233784_12415981.jpg

Sさん、と援助員 榊原。
c0233784_12473780.jpg


元旦最後は、統括主任、リーダーと共に、犬山成田山に初詣。
1年の無事を祈念してきました。
c0233784_12502628.jpg

c0233784_12521684.jpg

c0233784_12523818.jpg

c0233784_12535811.jpg

初日の出ならぬ、初夕日。
c0233784_134217.jpg


年始早々、かなり長く 1日を綴らせて頂きました。
最後まで 辛抱強く お付き合い下さり、 ご覧頂いた皆さま、 本当にありがとうございます。

本年も、どうぞ 「結いの郷」運営に際し、ご指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
# by yuinosato1 | 2013-01-07 07:33

「ゆるゆる・・・と お過ごしください」

大晦日ですね。
今日で2012年が終わり、 2013年が明けようとしています。

特別養護老人ホーム 結いの郷では、
「西の家」では Oさん、Tさん、
「北の家」では Tさん、Sさん、
「東の家」では Mさん、Kさんが ご自宅に戻られ、年越し、お正月を過ごされます。

明日の元旦からは、
「西の家」の Tさん、Hさん、Oさん、
「東の家」の I さんが、 ご家族と共に 外出。

ご自宅に戻られないまでも、
「西の家」の Aさん、 「北の家」の Eさんご一家は
「結いの家」を貸切り、新年会を催されます。

今日の大晦日もそうでしたが、 約20名と ほんとうに多くのご家族が 来訪下さり、
思い思いに 団欒の時を過ごされました。

こうしたご家族との関わりや、 過ごす時間があるからこそ、
入居者の皆さん、 安心して 過ごして頂けるんですよね。

さて、 結いの郷では お正月の準備も 終盤を迎えています。
「北の家」では、 入居者の皆さん、 ご家族、 職員援助員で、お節づくりです。
c0233784_17471519.jpg
c0233784_17493996.jpg
c0233784_17495145.jpg
c0233784_17505390.jpg

昆布巻き。
c0233784_17581131.jpg

黒豆。(蜆みたいに見えますね(+o+) 明日は盛り付けられた写真を撮ります!)
c0233784_1758271.jpg


「西の家」では
なます。 柚子の香りが効いています。
c0233784_17591585.jpg

きんとん。
c0233784_18079.jpg

筑前煮。
c0233784_1804128.jpg

かずのこ。
c0233784_181298.jpg


「東の家」でも・・・。
筑前煮。
c0233784_1825549.jpg

黒豆。
c0233784_1833634.jpg


各家々で作った品々を 互いに お裾分けしながら 
バリエーションの富んだお節料理に仕上げていくそうです。

他にも、お赤飯や、 蒲鉾、 伊達巻など。

続いて、「東の家」の玄関です。
カワイイ(小さな)門松ですね。
c0233784_1862530.jpg

c0233784_1854232.jpg


「北の家」。
この門松風の 寄せ植えは、Tさんの娘さんが 手作りで飾って下さいました。
c0233784_1865733.jpg

c0233784_1872059.jpg


「西の家」
c0233784_1885112.jpg
c0233784_1891111.jpg


「結いの家」
c0233784_1810890.jpg

巳の色紙飾りは、「西の家」援助員 榊原の 心のこもった お手製です。
c0233784_18122570.jpg


最後に、「結いの郷」 門扉。
c0233784_1819129.jpg

c0233784_18193162.jpg


私ども 社会福祉法人 悠は、
今年の4月に 初めての事業所 『特別養護老人ホーム 結いの郷』を 開設、
入居者の皆さんは勿論のこと、 ご家族の皆さま、 地域の皆さま、 関係の皆さま、
そして、このブログを ご覧下さっている皆さまに支えて頂き、 
おかげさまで何とか無事、 初めてのお正月を迎えることが出来ました。

今年1年、ほんとうに ありがとうございました。

皆さんにおかれましては、 お身体にご自愛頂きつつ、 良い大晦日、 良い元旦、 良い年末年始のひと時を ゆっくり、 ゆったり、 ほっこりと、 ゆるゆると お過ごしください。

大切な皆さまにとりまして、 
来年2013年も 輝かしい1年となりますことを 心より お祈り申し上げます。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷 施設長 吉田 真一郎
[PR]
# by yuinosato1 | 2012-12-31 18:26


結いの郷 最新情報


by yuinosato1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 11月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

介護
健康・医療

画像一覧