<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

lehua ~レフア~ 2013

Aloha!
c0233784_13521686.jpg

また、随分と御無沙汰を致してしまいました。
1カ月以上ぶり…。
夏も終わり、半沢直樹も終わり、秋分の日も過ぎ去りました。
皆さん、お変わりありませんでしょうか?

さて、2カ月の月日を遡り、7月26日(金)の夕暮れです。
特別養護老人ホーム 結いの郷 毎月第4金曜日 夕方5時といえば…居酒屋「結い」の開店です。
c0233784_13595811.jpg

東の家 Iさん親子。 毎度のご来店を頂いております。
c0233784_1405658.jpg

c0233784_1425912.jpg

この日のお品書きです。
c0233784_1455621.jpg

c0233784_1433394.jpg

7月から 中途入職を致しました 援助員 金井です。
この時は、入職研修真っ只中。
9月から 「北の家」に配属が決まり、 皆さまの支援をさせて頂いております。
どうぞ、宜しくお願い致します。
c0233784_1482842.jpg

この日の厨房担当 「東の家」援助員 伊藤です。
c0233784_14114498.jpg

ホール担当は 9月から 「統括主任」となりました 安田です。
c0233784_14124692.jpg


本日の 居酒屋「結い」は Hawaiian ♪

ウクレレと フラと お酒を一度に愉しんでしまおうと…「レフア(lehua)」の皆さんにご協力頂きました。

ウクレレは ハワイの楽器として有名…ですが、その源流は 明らかにヨーロッパにあるってご存知でした?
19世紀後半、ウクレレは ポルトガルから はるか海を越えてハワイにやってきたそうです。

当時のハワイ王国は サトウキビ畑の労働力として 世界各国からの移民を受け入れており、ポルトガルもそのひとつ。

1878年 マデイラ島の港から419人のポルトガル移民を乗せて出航した船の中には マニュエル・ヌネスと、オーガスト・ディアス、ホセ・ド・エスピリト・サントという3人の職人がいました。

翌年(1879年)8月、 長い航海の果てにハワイに到着した彼らは すぐにハワイの木材、 「コア」を使って 「ブラギーニャ」という故郷の楽器を作り始めるが、それが今日までハワイの楽器として親しまれているウクレレの始まりだとか…。

ウクレレ(の元になるブラギーニャ)を 初めてハワイの人たちの前で披露したのも3人の職人たちと同じ船に乗っていた ホアオ・フェルナンデスという 演奏家が、 故郷の収穫祭のように、 新天地への到着を神に感謝し ブラギーニャを奏で 皆で踊ったといいます。
ホノルル港で それを見ていたハワイの人たちも 大喜びだったそう。

その後、それぞれの職人が 改良を重ね、 マニュエル・ヌネスが「NUNES UKULELE」を創設するなど、ハワイ独自の楽器「UKULELE(ウクレレ)」として確立がなされたのだとか。
c0233784_1439834.gif

参考: 関口和之著 新ウクレレ大図鑑(株)リットーミュージック2010年、13,14 pages

ウクレレを奏でて下さっているおふたりは 成瀬さんご夫妻!息がピッタリ! 素敵ですね~ ♪ 
c0233784_14242688.jpg


さて1曲目 ♪
『カイマナヒラ(Kaimana Hila)』
c0233784_1459038.jpg

1916年頃 近代的ハワイ音楽の父的存在としてその名を残すチャールズ・キング(Charles E. King/1874-1950)が作曲。(Andrew Cummingsと共作)

彼の音楽教師の一人に、『アロハオエ(Aloha Oe)』を作詞した最後のハワイ王 リリウオカラニ(Queen Liliuokalani/1838-1917)が有名ですね。
ちなみに…、タイトルの「カイマナヒラ(Kaimana Hila)」とは、 オワフ島ワイキキビーチを見下ろす標高232メートルの「ダイアモンドヘッド」を指しているそうです。

続いて ♪
『カ・ウルヴェヒ・オケカイ(Ka Uluwehi O Ke Kai)』
c0233784_15302481.jpg

ハワイの日差しに照らされた砂浜で海草を集める無邪気な光景を歌った曲。
ご他聞にもれずこれにもまた別の意味が。
砂浜に打ち上げられた様々な海草がゆらゆらと揺れている……そう、恋の相手を見つけている曲でもあるそうで、このように、陽気&セクシャルな深意を含むものも…。

最後は… ♪
『ブロッサム ナニ ホイエ』
c0233784_1551835.jpg


フラは、字を持たなかったハワイの人々が、後世へ言い伝えや、神話 / 歴史等を伝える手段として残したハワイの文化で、 現代フラ(アウアナ)と、古典フラ(カヒコ)があり、現代フラは振り付けも自由で、豊かな自然の美しさや、 ロマンチックなラブソングを楽しく、また、優雅に踊ります。

写真を観て頂けるとお分かり頂けると思いますが、「ウクレレ」や、「フラ」が二度と戻らないひとときを 大切に醸し出してくれていますよね?
7月の居酒屋「結い」 入居者の皆さんと過ごす大人のひと時でした。

小林さん ♪
成瀬さん ♪
杉山さん ♪

ほんとうにありがとうございました!
また、素敵な時間を どうぞ 宜しくお願い致します。

社会福祉法人 悠
特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2013-09-24 16:17


結いの郷 最新情報


by yuinosato1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 11月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

介護
健康・医療

画像一覧