<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『レフア』

c0233784_991548.jpg

『レフア』というグループが特別養護老人ホーム 結いの郷へ 穏やかで、柔らかな風と共にフラを届けてくれました。

『レフア』日本語名 ハワイフトモモ
     ハワイ語名 ōhiʻa lehua, ōhiʻa, lehua
     分類 フトモモ科(Myrtaceae)オオフトモモ属(Metrosideros)
        ハワイ固有種(endemic)・ハワイ島

ハワイの森は昔から神聖なものとされてきましたが、特にオーヒアはハワイの創造神クやカネの住処とも地上での姿とも考えられ、神聖視されてきました。
オーヒアとその花レフアは、大昔からハワイ人にとって最も特別な植物の一つです(厳密には、オーヒアは木の名前で、レフアはその花の名前ですが、現在では木のこともレフアと呼ぶことがあるようです)。 注)HayaのHawai‘iプチ図鑑より参照

c0233784_915719.jpg

1曲目は『イポレイモミ』
ケアリィ・レイシェルというハワイ・マウイ島出身在住シンガーの代表作。
その歌詞の内容は、恋人たちの営みを歌ったもので、日本語に訳すと、少し過激な内容なんだとか…。
しかし、曲調は、アップテンポ、ピュアな、爽やかな風を運んでくれるような曲といった印象でした。
c0233784_921979.jpg

手にされているのは、木製スティックの『カラアウ』とういう楽器だそうです。
軽快で自然な音色が心地よかったです。
c0233784_924711.jpg

よく来訪者に『和風旅館みたいな』と評される 結いの郷 ですが、 
結いの家に設けられたウッドデッキ・草木の緑にフラガールの皆さん。ピタリとハマっています。
そうは思いませんか?
c0233784_931349.jpg

2曲目『南国の風』
月は輝く 南のはるかなる夢の島よ
星はきらめき そよ風ささやく やしの葉かげに
うるわしの星よ 永遠に 輝けよ君の胸に
喜び尽きぬ 常夏の 君知るや 南の国

こうしたフラ独特の手腕の動きを『ハンドモーション』と呼ぶそうです。
c0233784_933827.jpg

『月の夜は♪』
月の夜は浜にでてみんなで踊ろうヤシの木かげ
手を腰にユカレリに合わせて踊ろうフラの踊り
きれいなレイをあげましょう踊り仲間のあなたに
花の冠あげましょう踊り上手なあなたに
踊り手が揃ったらさあさあ踊ろう今宵ひと夜
c0233784_94595.jpg
c0233784_942756.jpg

ユニットリーダーの安田。ラジオ体操のようです。
同じくユニットリーダーの大野も頑張っています。
統括主任の山下も楽しそうです。
c0233784_94515.jpg

少し観にくい室内からの観覧の入居者へご配慮いただき、間近で踊って頂けました。
偶然来訪されたご家族も『ちょうどいいところに来たわ~』と涼しい室内からのご観覧。
援助員の伊藤。陰でしっかり愉しんでいたのですね?

c0233784_95534.jpg

実は入居者のほとんどの方が、このひと時を愉しまれていました。
お茶で喉を潤しながらの、ほんとうに穏やかで、柔らかで、ゆったりとした時間。

社会福祉法人 悠 この『悠』という言葉には、
『あなたが あなたらしく、ゆったりと 穏やかに 輝ける。
 それが 私たちの想い です。』という想い・願いが込められています。

まさにピッタリの時間を皆さんに過ごして頂くことができました。
c0233784_961425.jpg
c0233784_964013.jpg

『レフア』の皆さん。
ゆったりと、穏やかに、柔らかな、そして誰もが笑顔になれる時間を届けたい!そうした想いが温かく伝わる最高のひとときでした。

入居者やご家族、そして援助員にまでも『フラの魅力と、フラを通じた豊かな生き方』をたっぷりと魅せてくださいました。
またの機会を楽しみに楽しみに待っていたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

最後にクイズです。
『レフア』のメンバーの中に、結いの郷 生活援助員がひとり。
さて、誰でしょう!?
答えは! 『・・・・・・またいつかの機会に!』

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-24 15:20

入居説明会

7月16日 月曜日『海の日』です。

今日は午前10時より、『結いの家』にて、入居説明会を開催させて頂きました。
今回は6家族10名程のご参加。
c0233784_8105376.jpg

説明会においては限られた時間の中で、充分に特別養護老人ホーム 結いの郷を知って頂く必要があります。

1法人概要 2法人設立趣意 3法人役員構成 4利用料(介護保険給付によって成り立つもの・介護保険給付以外の実費によって成り立つもの) 5社会福祉施設利用ならではの負担軽減制度 6従来型特別養護老人ホーム(入所施設)とユニット型特別養護老人ホーム(入居施設)との違い 7特別養護老人ホーム 結いの郷の特色等です。

結いの郷はこれまでの特養とは『異なる部分』がたくさんあります。

玄関には10cmの段差。バリアフリーではなく、バリアアリーです。
手すりは殆どありません。玄関上がり框と、お手洗い内、浴室内の必要最低限にしてあります。
廊下の多くは畳を採用しています。
居室内やリビング等のサッシには多くの掃き出し窓を採用しています。
玄関等は基本的に無施錠。
各家のキッチンには包丁等も置いてあります。

一般的に認知症を抱える、身体的障害を抱える高齢者が多く暮らす特別養護老人ホームにおいては『危険』と判断される環境を敢えて多く取り入れています。

ハードもさることながらソフトも。

基本的には事業者が定める入居者の『日課』がありません。
具体的には…。

お風呂の曜日や時間も決まっていません。
シーツの交換や、お掃除等の環境整備の曜日・時間も決まっていません。
食事の時間も、朝食は、起きてダイニングに出て来られた方から。
7時前に援助員から積極的にお年寄りに起きて頂くようなことはしていません。
昼食も概ねお昼前後、 夕食もだいたい18時過ぎ位にぼちぼちと始ります。

日常生活においても、お年寄りが主役。

食事では調理、盛り付け、洗い物、テーブル拭き。
洗濯物を干す、取り込む、たたむ。
居室内や場合によってはリビング、お手洗い等のお掃除。
できるところは、できるようになんとか取り組んで頂いています。

ご家族も同様。
ご来訪の際には、食事の準備、盛り付け、洗い物、テーブル拭きは勿論。
時間や環境の許す時には一緒に食事を食べて頂き、食事の支援等もお願いしています。
居室内や、場合によってはリビング、お手洗い等のお掃除も。

自宅で暮らされていた時と同じく、家族としての役割発揮をお願いしています。

介護保険制度が始まり、『措置』から『契約』へと支援提供の根幹が転換され、広く『介護サービス』という言葉が一般化されました。

この『サービス』という言葉のイメージは大きな影響をもっているような気がします。
ただ本来は、『自立や自律』を目指すべきヒューマンケアサービスであるはずが、その言葉の影響から、『上げ膳据え膳サービス』へと捉え方のシェアが増大したように感じます。

特別養護老人ホーム 結いの郷では『上げ膳据え膳サービス』を止め、『ヒューマンケアサービス』の原点に立ち戻ろうと考えています。

『家・住まい』であるべき特別養護老人ホームの『暮らし・生活』は『お年寄り』が営む。
不足するできない部分も、まずは『共に暮らすお年寄り』同士が相互的な関わりの中において補完しあう。

それでも不足するできない部分を、ご来訪のご家族が支援・補完する。

最後にジッと我慢をし、傍に控えていた『共に暮らす、もうひとりの身近な支援者』である生活援助員が3者に対する援助・支援を馴染み関係の視点と、専門職の視点で担わせて頂く。

あるご高名な福祉関係者が仰ってみえました。

困っている、支援対象者に対し、真っ先に手を差し伸べる職種。これは福祉介護職が圧倒的に多く、このこと自体は素晴らしいこと。

但し、差し伸べた手をいつまでたっても放すことができない職種。これも福祉介護職が圧倒的に多く、一度手を差し伸べられた支援対象者は永続的に支援を受け続けなくてはならず、自立・自律に向かい難い…と。

『日々の明け暮れ・生活』の中、数秒、数十秒、数分、数十分でも入居者や入居者同士、ご家族においての『自立・自律』した営みの時間を増大させて頂けるよう、職員援助員一丸となり、『共に暮らす、もうひとりの身近な支援者』として、『馴染み関係の温かな気づきの視点と、専門職としての冷静且つ客観的な気づきの視点』日々努めさせて頂きたいと考えます。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-17 09:23

居酒屋 『結い』

特別養護老人ホーム 結いの郷の地域交流パブリックスペース。
普段は主に喫茶として皆さんの憩いの場所となっていますが、
この日は夕方5時~ 居酒屋『結い』の開店です。
c0233784_9131598.jpg
c0233784_914462.jpg
c0233784_9144159.jpg

c0233784_9231459.jpg

c0233784_1039669.jpg

直前に赤ワイン・白ワインも入荷。
女性陣からは好評でした。
c0233784_9244563.jpg

品数も豊富です。
c0233784_10134764.jpg

BGMは当日宿直の山辺から借りたフラン永井のアルバム。
昭和歌謡がぴったりとハマります。
久しぶりの兄弟の乾杯。
c0233784_1015890.jpg

リーダーの安田。注文を取る姿が妙にハマります。一番愉しんでいたんじゃ…。
c0233784_10155792.jpg

注文が殺到。厨房内は戦争です。
計画作成担当者兼管理栄養士の樋口。生活相談員の柴田。2人の腕が物を云います。
c0233784_1025283.jpg
c0233784_10253212.jpg

手びねりグラスの中身は『菊正宗』。

接客しながらの写真撮影で、料理の写真が少ないですが、実に本格的な内容でした。
柴田が揚げる天麩羅も実に美味しそうでした。
他は茶碗蒸し・焼きそば・揚げたこ焼きなどなど。
c0233784_10271223.jpg

ホッケも良い肴です。
c0233784_10473469.jpg

久しぶりのお酒。未だお陽さまが明るい時刻からの一杯は旨さヒトシオですよね。

普段の日常から少し離れて、ワイワイガヤガヤの交流機会。
お酒も手伝って、皆さん気分良さそうに過ごされていました。

入居者の皆さんに少しでも喜んで頂きたい、愉しんで頂きたい、メリハリある暮らしを送って頂きたいと願う援助員の皆さんの願い、確かに届いたのではないでしょうか?

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷 
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-13 10:57

親子 と ちらし寿司

c0233784_827367.jpg

母と娘。
思い出のちらし寿司を再現。
c0233784_8292722.jpg
c0233784_8374291.jpg
c0233784_842289.jpg
c0233784_8462629.jpg

そのとき母は、テレビを。
c0233784_8525124.jpg

c0233784_8502131.jpg

c0233784_941237.jpg

c0233784_943442.jpg

c0233784_9434377.jpg

母と娘の特性ちらし寿司・ポテトサラダ・冷奴(塩ダレ)・デザート(全て入居者とご家族と、援助員の手作りで)大満足のお昼ご飯でした。
c0233784_9454786.jpg

言葉は要りませんよね?
c0233784_957209.jpg

c0233784_958339.jpg

c0233784_9593253.jpg

一般的な特別養護老人ホームの入居者(ほとんどの施設では『入所者』と呼びます。結いの郷では『入居者』と呼びます。)の足元は、靴・リハビリシューズですが、結いの郷ではほとんどの方の足元はが、靴下、裸足、スリッパです。
お風呂に入る時、ベッドに横になる時以外は靴を履いての生活。皆さんは想像できますか?
c0233784_1032381.jpg

統括主任であり、看護師の山下。洗い物中です。その足元は…。
c0233784_1042569.jpg

! 裸足でした!!
観ていても、開放的で、涼しい感じですね。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-12 10:11

カナダ林産業審議会COFI 主催『木造高齢者施設』見学会

去る7月5日木曜日 14:00~16:00。
特別養護老人ホーム 結いの郷にてカナダ林産業審議会COFI(www.cofi.or.jp)主催の
『木造高齢者福祉施設』見学会が催されました。
先般、『ツーバイフォー工法』は木造として初めて耐火構造として国土交通大臣認定を取得し、
その安全性が認められ、さらに技術的にも大規模建築の施工の可能性が広がりつつあるため、注目を集めています。
c0233784_8351579.jpg

COFI SPFグループ代表のケビンJ.ビューズさん。
c0233784_840350.jpg

同じくCOFI SPFグループ セミナーコーディネーターの武藤 摩耶さん。
c0233784_8424314.jpg

当法人 理事長 安田。
c0233784_8434569.jpg

特別養護老人ホーム 結いの郷 竣工は平成24年2月29日。
c0233784_8484034.jpg

c0233784_8474994.jpg

c0233784_848123.jpg

その実質工期は4カ月でした。
その工期を省みても今回の整備事業ツーバイフォー工法というのは必然であったようにも思います。
c0233784_8522066.jpg

おかげさまで農業振興区域、周囲の環境に違和感を覚えない木造建築となったのではないでしょうか?
20分程度のご説明の後、ご参加の皆さんには各家2~5名程度に分かれて頂き、木造工法による建物の雰囲気を感じて頂きました。

特別養護老人ホーム 結いの郷は、『入居者の皆様のお家』ですから、今回の見学会においても『生活の場の雰囲気』を乱さぬよう、限定10名でのご案内。
応募者多数の中、お断りをさせて頂いた皆さま大変申し訳ありませんでした。
また、ご参加の皆さまにおかれましては服装等にもご配慮を頂きありがとうございました。

そうして『結いの家』に戻り、質疑。
c0233784_904643.jpg

c0233784_912495.jpg

今後の高齢者福祉施設等の建築を考えられるにあたり、木造工法に興味をお持ちの皆さまだけあって非常に熱心なディスカッションをされていらっしゃいました。
千葉県から、大阪府から、愛媛県から、地元愛知県から、本当にようこそおいでくださいました。
ありがとうございました。
c0233784_9693.jpg

c0233784_985430.jpg

カナダ領事館より、領事兼通商代表のマット・フレイザーさん。
ツーバイフォー施工ではお世話になりました、津田産業株式会社 住宅資材部部長 津田 綾子さん。
株式会社ニコム 設計室次長 藤嶋 三也さん。
そして今回、結いの郷 設計施工管理 株式会社三橋設計 名古屋事務所 理事 吉本さん。
同じく株式会社三橋設計 名古屋事務所 設計部次長 東さん。

どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-10 09:17

ろうそくの夕べ

c0233784_20222562.jpg

c0233784_2024137.jpg
c0233784_2024496.jpg

今年もはや、七夕ウィーク。
お年寄りに少しでも「大人な七夕」を楽しんで頂けるようにと援助員の心配りです。

機を逃さぬようにと先週の暑い最中、援助員がやぶ蚊と闘いながら竹を取りに出掛けてくれました。

笹飾りをするだけでは芸がないと、「竹の節」を利用した器で、ろうそくの灯りを楽しんで頂くことに。
c0233784_2031654.jpg

今日はお試しでの「ろうそく点灯」ではありましたが、興味をもたれたお年寄りが、それぞれの「お家」から集まられ、夕食後のひととき、暫しの間の夕涼み。
c0233784_2032506.jpg

未だ少し陽は高くありましたが、昼間の暑さが嘘のように、穏やかで柔らかい風が吹いていたように感じました。
空調冷房の涼しさとは少し違う、夕涼みの良い時間。
c0233784_20341980.jpg

七夕までの5日間、少しでも、こうした穏やかな時間をお楽しみ頂けるよう環境を整えたいと思います。

社会福祉法人 悠 特別養護老人ホーム 結いの郷
[PR]
by yuinosato1 | 2012-07-02 20:47


結いの郷 最新情報


by yuinosato1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 11月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 03月

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

介護
健康・医療

画像一覧